東海光学 遮光眼鏡のご紹介


 遮光眼鏡とは


まぶしさの原因となる短波長光(紫外線+青色光線)を効果的にカットし、それ以外の光を出来るだけ多く通すよう作られた特殊カラーフィルターレンズです。
遮光レンズを用い、まぶしさを軽減することで、対象物と背景の明と暗をはっきりさせ、コントラスを改善することが期待できます。







一般的なサングラスはまぶしさの原因となる光だけでなく明るさを感じる光も抑えてしまい、少し暗いところでは視界が暗くなりすぎることがあります。遮光レンズは眼に入る光を選択し必要な光はできるだけ多く取り込むため、同色・同濃度のサングラスに比べ、明るさを確保します。



多彩なカラーバリエーション
お客様に合ったレンズを選び、それぞれの光の量をコントロールすることによって、より快適な視覚が得られ、眼を保護して視力を最大限に引き出すことが期待できます。
代表的な遮光眼鏡として、東海光学CCPシリーズ26カラー、HOYAレチネックス21カラーを取り扱っております。
※カラーによっては視感透過率が異なります。


東海光学 CCP(全8色)


東海光学 CCP400(全18色)




遮光グラスバリエーション

Viewnal by STG


メガネの上から掛けることのできる、遮光オーバーグラス。
テンプル横も正面レンズと同じカラーレンズをはめ込み、側面の視界を保ちながら横から進入するまぶしさも低減。
さらにフレーム上部には厚みを持たせ、上から入り込む光を抑えます。

※度付きレンズには対応しておりません。
※お使いのメガネの大きさ、種類によっては、オーバーグラスに適さない場合がございます。






VERGINE by STG


フレーム上部の大きなシールドで上から入り込む光を抑えます。
天地幅を広めに設計されたフロントレンズで、より遮光性を高めたデザインにしています。






より詳しい情報をご覧になりたい方はこちら
〈東海光学 遮光眼鏡のページ〉
 ※外部サイトへ移動します